染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム最新情報FISH解析FISHプローブFISHプロトコル会社概要問合せ
比較染色体マッピング/有限会社クロモソームサイエンスラボ

   マウス       ラット     ヒト

ヒト、マウスおよびラットの比較染色体マッピング

ヒトcDNAをマウス及びラットにマッピングしました。

マウス高精度マッピング/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウスイディオグラム/有限会社クロモソームサイエンスラボ

ヘキストG-バンディングFISH法を用いたトランスジェニックマウスにおける挿入遺伝子のマッピング

 トランスジーンの挿入部位は第18染色体B1領域と同定されました(矢印位置)。マウスイディオグラム上にトランスジーンの挿入位置を明示してご報告いたします。

マルチカラーマッピング/有限会社クロモソームサイエンスラボ

マルチカラーFISH解析+FISHマッピング解析

 染色体異常のある細胞では染色体の同定ができないためFISHマッピングとマルチカラーFISHの組み合わせての解析も行っています。この手法は特に染色体異常のある培養細胞でのトランスジーンの挿入位置同定に有用です。

ニワトリ染色体マッピング/有限会社クロモソームサイエンスラボ
CHO細胞染色体マッピング/有限会社クロモソームサイエンスラボ

ニワトリでのcDNAマッピング

 目的のcDNAは第4染色体セントロメア近傍にマッピングされました。

CHO細胞での
18SrDNA遺伝子のマッピング

 CHO細胞は正常細胞ではないためマッピング位置の染色体同定はできませんが、挿入遺伝子の数、細胞株の均一性、細胞株間の相違などの解析を行うことができます。

マルチカラーマッピング

トランスジェニック動物のホモ/ヘテロ解析

 遺伝子型がホモ型の固体では2本の相同染色体上にそれぞれFISHシグナルが観察されますが、ヘテロ固体では一方の染色体上にしかシグナルが観察されません。

問合せ

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2020 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.