染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム/有限会社クロモソームサイエンスラボ最新情報/有限会社クロモソームサイエンスラボFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプロトコル/有限会社クロモソームサイエンスラボ会社概要/有限会社クロモソームサイエンスラボ問い合せ/有限会社クロモソームサイエンスラボ

マルチカラーFISHによる染色体解析

 全染色体を別々の色に染色するマルチカラーFISH法により染色体転座や異数性を解析します(マルチカラーFISH解析はヒトおよびマウスでのみ可能です)。

ヒトリンパ球より作成した染色体標本での
マルチカラーFISH解析

 すべての染色体を別々の色に染色することで、転座や異数性の解析が容易にできます。

 

Mouse M-FISH
Rat M-FISH
染色体異常のあるマウス細胞の
マルチカラーFISH解析

トリソミー、テトラソミーや染色体融合が観察されました。融合染色体はM-FISH解析により5番と15番の融合染色体であることが確認されました。

ラット脾臓細胞由来染色体標本での
マルチカラーFISH解析

正常XYラットでM-FISH解析を行いました。ラットの場合は13番染色体と14番染色体の識別は染色体形状での判定となります。

 

Gバンド・Qバンド処理による染色体解析

 ヒト、マウスおよびそれ以外の動物種由来のES細胞、iPS細胞のバンディング処理による染色体異常の検査を行います。染色体異常がある細胞では解析できない場合もあります。

ヒトiPS細胞Gバンド検査
カニクイザルES細胞Qバンド検査
Marmoset
Mouse
コモンマーモセット細胞Qバンド検査
マウスiPS細胞Qバンド検査

 

ギムザ染色による簡易核型検査

 ギムザ染色のみで主に染色体数の異常を解析します。50-100細胞の染色体数をカウントし、染色体数の分布をご報告いたします。

マウス染色体数42 マウス4倍体
マウスES細胞の解析例

染色体数42本(正常40本)

マウスES細胞の解析例

染色体数80本(4倍体)

問合せ

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2009 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.